心の健康に対する対策は、さまざまな面でいまだ確実な方法が見つかっていないと言わざるを得ません。そのため社会全体が心の健康に対する正しい理解やその改善を図れるような環境づくりを考えております。

平成27年12月に労働安全衛生法が一部改正され、従来の健康診断と同様に従業員の心の健康状態を把握する「ストレスチェック」の実施が事業者に義務づけられました。職場におけるストレスから未然に心身のトラブルの発生を防ごうとする取り組みです。

当協会では、この「ストレスチェック」の義務化を契機に、これまでメンタルヘルス事業の検討をともに進めてきた東京商工会議所などと連携した新機軸での事業運営を検討しています。